東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「事件、後世に伝えたい」 地下鉄サリン23年 遺族ら献花

地下鉄サリン事件から23年となり、東京メトロ霞ケ関駅で献花する遺族の高橋シズヱさん=20日、東京都千代田区で(代表撮影)

写真

 十三人が死亡、六千人以上が負傷した一九九五年のオウム真理教による地下鉄サリン事件から二十三年となった二十日、多数の被害が出た東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で、遺族や駅員が黙とうや献花をした。遺族の高橋シズヱさん(71)は「事件について伝えていきたい」と話した。

 事件発生時刻に近い午前八時、駅員十六人が慰霊式で黙とう。同駅助役だった夫の一正さん=当時(50)=を亡くした高橋さんは献花後に取材に応じ、「また来たよ」と献花の際に一正さんに語りかけたことを涙ながらに話した。

 高橋さんは、公安調査庁が二月に開設した事件を紹介する特設のウェブサイトに、一正さんの死体検案書を公開。「有機リン化合物による中毒死」と書かれ、「他殺」の欄に印がついている。事件が現実にあったことと多くの人に受け止めてもらうために公開した。

 今年一月に一連の事件の全刑事裁判が終結。元代表麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=ら十三人の死刑が確定している。法務省は今月十四、十五日に死刑囚七人を東京拘置所から別の拘置施設に移送した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報