東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「原発ゼロ」雪に負けぬ熱気 代々木公園で集会

雪が降る中、原発反対を訴える集会に参加した人たち=21日午後、東京都渋谷区の代々木公園で(坂本亜由理撮影)

写真

 脱原発を目指す市民や団体が連帯する全国集会が二十一日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。桜の開花が始まった都心でも春の雪が舞い、傘を持つ手がかじかむ寒さの中、約一万二千人(主催者発表)が参加し「さようなら原発」と声を合わせた。脱原発に賛同する一千万人の署名活動を進めており、これまでに八百七十万人余分が集まったという。

 「『さようなら原発』一千万署名市民の会」が主催。原発事故のあった二〇一一年、妊娠中の妻と五歳の長男とともに、福島県郡山市から静岡県に自主避難した長谷川克己さんは「政府や行政の対応は理不尽の連続。この子たちを置き去りに、どんな発展を目指しているのか」と訴えた。

 全国組織「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の河合弘之事務局長は「『原発即時ゼロ』と言うと、非現実的とか理想論だとか言われた。実質上、原発ゼロでやってきたこの七年間が、実現可能であるという何よりの証拠だ」と強調。

 主催団体の呼びかけ人の一人で、ルポライターの鎌田慧(さとし)さんが「原発事故以来、八年目の出発だ。雪をも溶かす会場の熱気で、原発ゼロへ進もう」と集会を締めくくった。

 予定されていたデモは、天候不良のため中止になった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報