東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

授業報告「口頭で十分だった」 赤池氏「確認は当然」

 自民党文部科学部会長の赤池誠章参院議員は二十二日の部会後に記者会見し、文科省による授業内容の報告要請問題に関し、同省がメールで質問状を名古屋市教育委員会に送ったことについて「書面でやる話ではなく、口頭で十分確認できた」との見解を示した。

 赤池氏は、文科省の前川喜平前事務次官が同市立中の授業で講演した翌日、同省の官房長に「内容を確認してみては」と照会した。それを受けて同省は市教委に電話で授業の概要を確認し、その内容を赤池氏に報告した。

 赤池氏は会見で、前川氏が文科省の組織的天下り問題で国家公務員法違反に問われたことを強調し「大変深刻な事態の当事者が、どういう教育的配慮で呼ばれたのか確認するのは、文科省の立場で考えても当然のことだ」と指摘。一方で同省が電話だけでなく、メールで質問状を送ったことには「文科省と教委はさまざまな問題で意見交換しており、口頭で十分だったのでは」と語った。

 前川氏の講演内容に関しては「夜間中学の話とか、そこまで問題にするものではなかった。心配は杞憂(きゆう)に終わったかもしれない」とも述べた。

 この問題で文科省に照会し、質問状も事前に見ていた部会長代理の池田佳隆衆院議員は部会を欠席した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報