東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

川崎3人転落死 元施設職員に死刑判決 横浜地裁 自白の信用性認める

今井隼人被告

写真

 川崎市幸区の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で二〇一四年に入所者の男女三人を相次いで転落死させたとして、三件の殺人罪に問われた元職員今井隼人(はやと)被告(25)の裁判員裁判の判決で横浜地裁は二十二日、「落ち度のない三人の尊い命を奪った結果はあまりに重大」と求刑通り死刑を言い渡した。 

 任意段階や逮捕直後に三人の殺害を認めた自白の信用性が争点。今井被告は逮捕後間もなく黙秘し、公判で無罪を主張していた。弁護側は即日、控訴した。

 判決理由で渡辺英敬(ひでたか)裁判長は、二カ月で三人が転落死したのは「偶然では説明が難しい」と述べ、殺意に基づく連続殺人事件とした。今井被告が同僚に二人目以降の殺害を予告するような発言をしたことを、犯人とうかがわせる事情と指摘。捜査段階の自白は「現場の状況に合致し、取り調べに圧力や誘導はなく記憶に基づいている」とした。

 動機については「日々の業務から生じた鬱憤(うっぷん)」から一人目を殺害し、その際の救命措置が同僚に評価されたため「称賛を得る機会」と考えて二、三人目を殺害したとした。渡辺裁判長は「真実を知りたいと願う遺族の思いをよそに不合理な弁解に汲々(きゅうきゅう)とし、反省の態度はみじんも見えない。極刑はやむを得ない」と非難した。

 判決によると、今井被告は一四年十一月に丑沢(うしざわ)民雄さん=当時(87)=をベランダから転落させて殺害。十二月に仲川智恵子さん=同(86)=と浅見布子(のぶこ)さん=同(96)=を同様に殺害した。

 弁護側は三人は事故死や自殺の可能性があると主張。警察官の圧力で虚偽の自白をしたとし、仮に犯人としても発達障害で心神耗弱か心神喪失だったとして死刑回避を求めていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報