東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「そだねー」商標出願 六花亭「悪徳業者の独占防ぐため」

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得した「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが使って話題になった相づち「そだねー(そうだね)」を、北海道帯広市の菓子メーカー六花亭製菓が特許庁に商標登録出願していたことが、分かった。

 六花亭製菓の佐藤哲也社長(62)によると、一日に出願し、登録されれば今後開発する商品の名前に使用する予定。

 同社には「北見に関係ない企業がなぜ商標登録するのか」などと問い合わせが寄せられており、佐藤社長は「北海道らしい温かい言葉が、悪徳業者に出願されて使えなくならないようにした。商標を独占する意図はなく、問い合わせがあれば個別に対応し、誰でも無料で使えるようにしたい」と話している。

 特許庁によると、先に同じような商標登録があるかなどを調べた上で、十〜十一月ごろに審査結果が出る見通しという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報