東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

立命大、88歳研究員に博士号 「生涯で初めて、光栄」

写真

 立命館大は二十四日、客員協力研究員の尾関清子さん(88)=名古屋市東区=に博士の学位を授与した。大学によると、国内最高齢の博士号授与になるという。大学院に入学はしていないが、縄文時代の布に関する論文を提出し、受理された。

 黒とえんじ色のガウンを着た尾関さんは深々とおじぎをした後、ゆっくりと登壇。学位記を授与されると、涙を流した。授与に先立つ取材には「感無量。一生涯で初めてのことなので光栄です」とほほ笑んだ。

 尾関さんは名古屋市にあった東海学園女子短大の助教授を一九九五年まで務め、現在は名誉教授。縄文時代に編まれた布の研究に三十年以上、取り組んできた。

 二〇一五年四月からは立命館大の環太平洋文明研究センターの客員協力研究員として活動し、昨年九月、大学に論文を提出。布文化について実験に基づく解析を行い、研究分野の基礎を築いたことが評価された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報