東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

八ケ岳で滑落 3人死亡 互いにザイル、足滑らす?

P3付近から滑落したとみられる7人が救助された八ケ岳連峰・阿弥陀岳の斜面(丸印)=25日(長野県警提供)

写真

 二十五日午前八時三十五分ごろ、長野県の八ケ岳連峰・阿弥陀岳(二、八〇五メートル)の南稜線(りょうせん)付近で、登山をしていた男女七人のパーティーが滑落したと、目撃した登山者から一一〇番があった。長野県警が三十〜六十代の七人を発見し全員を救助したが、神戸市東灘区本庄町一、会社員亀石安央(やすお)さん(48)ら男女三人の死亡が確認された。死因は窒息と判明し、雪に埋まったためとみて状況を詳しく調べる。残る四人は重軽傷。斜面を約三百メートル滑落したとみられる。

 負傷者を治療した諏訪中央病院(長野県茅野市)は、軽傷の一人が「ザイルで七人がつながり、先頭の人が足を滑らせて全員滑落した」と証言したことを明らかにした。現場は上級者向けのルートで、雪に覆われ冬山の状態だったという。茅野署は装備が十分だったかどうか調べている。

 署によると、他の死亡者は京都市西京区大原野西境谷町二、アルバイト従業員山下貴久子さん(39)、兵庫県伊丹市西野七の三の一、建築士中沢恒雄さん(63)。大阪府吹田市藤が丘町四、会社員宇野聖さん(47)が左脚骨折の重傷、大阪市の自営業男性(56)、大阪府八尾市の会社員女性(40)、滋賀県草津市の会社員男性(44)の三人が軽傷。

 七人は関西の山岳会に所属し、長野県原村の舟山十字路から二十四日朝に入山。登山計画書によると、テントに宿泊して二十五日午後に下山する予定だった。立場岳から阿弥陀岳に向かう途中、標高二千六百メートル付近の南稜線から西側に標高で約百メートル滑落したとみられる。

 長野地方気象台によると、滑落時の現場周辺は晴れており、風も穏やかだった。

 地元の山岳ガイドによると、滑落したルートは足場の狭い場所や岩場もある。数日前に雪が降り積雪が残るため、冬山の装備が必要という。南稜線付近では昨年二月、早稲田大の山岳サークル所属の学生二人が滑落し、一人が死亡している。

滑落した人をつり上げる長野県警のヘリコプター=25日、長野県原村で、本社ヘリ「おおづる」から

写真

◆熟練者向け 人気の難ルート

 七人が滑落した八ケ岳連峰・立場岳から阿弥陀岳に向かうコースは、一般の登山道よりも困難な「バリエーションルート」と呼ばれ、熟練者向けの人気ルートとして知られる。降雪で足場が悪化していたとみられ、全員がザイルでつながれていたとの証言も。「七人が結ばれていたとしたならば、非常に危険。被害を拡大させた可能性がある」と指摘する専門家もいる。

 滑落現場は、急な傾斜を攻略する達成感を味わえると人気だが、上部は特に難易度が高い。地元山岳ガイドは「専門のガイドや熟練者が引率しないと登れず、初心者には難しい」と話す。

 三月下旬は特に厳しい季節というわけではなく、挑戦する登山者も多い。事故当時の天気は良く、風もなかったとされる。

 ただ、現地は数日前に雪が降ったとみられ、足場が悪くなったり、雪崩が起きやすかったりしていた可能性がある。滑落が起きたのが午前八時半で、夜間に雪が凍り、滑りやすい状況になっていたと考えられる。

 長野県山岳遭難防止対策協会の講師丸山晴弘さん(77)は、今回の現場のような傾斜では、ザイルでつながるのは二〜三人ずつにとどめるべきだと指摘。「一人が滑れば、それに引かれて二人、三人と滑り、全員が落ちかねない。たとえ経験豊富な人でも、複数人を止めることは難しい」と理由を語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報