東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

遺棄現場で父が献花 松戸女児殺害 遺体発見1年

レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体遺棄現場で手を合わせる父親レェ・アイン・ハオさん=26日午前、千葉県我孫子市で

写真

 昨年三月、千葉県の松戸市立六実(むつみ)第二小三年だったベトナム国籍の女児レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=が殺害された事件で、遺体発見から一年となる二十六日、父親レェ・アイン・ハオさん(35)が、遺体遺棄現場の同県我孫子市の排水路脇に、リンさんが好きだったピンク色の花を供えた。「本当に長い一年。同じような事件が起きないよう願っている」と報道陣に語った。

 スーツ姿のハオさんは、現場近くに置かれたリンさんの遺影をじっと見つめ、リンさんの友人たちから贈られたガーベラやバラを献花。目を閉じて静かに手を合わせた。殺人や強制わいせつ致死などの罪で起訴された事件当時の同小保護者会長渋谷恭正被告(46)の裁判員裁判初公判が六月四日に開かれることに触れ「(被告が)リンちゃんに何をしたのか、明確になるはずだ。安心して待っていてほしい」と硬い表情で話した。

 事件後に始めた極刑を求める署名活動で、日本やベトナムなどから計百十万人分以上が集まったことをリンさんに報告したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報