東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「答弁控える」連発 佐川氏喚問 昭恵氏なぜ削除 口ごもり補佐人と相談

参院予算委の証人喚問が中断、協議を終えた理事(左)の話を聞く佐川宣寿前国税庁長官(右)と補佐人の熊田彰英弁護士=27日午前、国会で

写真

 「書き換え問題について捜査を受けている身でございます」。学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書を財務省が改ざんした問題を巡り、二十七日午前、参院予算委員会で行われた前国税庁長官佐川宣寿(のぶひさ)氏の証人喚問。当時の理財局長だった佐川氏は、政治家や首相官邸の関与はすらすらと否定したものの、自身の改ざんへの関与についてはかたくなに証言を拒んだ。(石川修巳、辻渕智之、藤川大樹)

 「安倍総理や総理夫人の影響があったとは、全く考えておりません」

 証人喚問に先立ち、「真実を述べる」と宣誓した佐川氏。首相官邸からの改ざん指示があったのではないか−との深まる疑念を振り払いたい自民党の思惑に沿うかのように、政治家らの関与を明確に否定する一方、肝心な改ざんの経緯を問われると「刑事訴追の恐れがあるので答弁を差し控えたい」と連発した。

 「総理から(改ざんの)指示はありませんでしたね?」。そう念押しする丸川珠代氏(自民党)に、佐川氏は「ございませんでした」と即答した。

 「総理夫人からは?」「官房長官は?」「総理秘書官は?」「財務大臣や事務次官は?」と同じように繰り返す質問に、全て「私が勉強した範囲では、一切ございませんでした」「理財局の中だけでやった」と答弁。野党からは「そこだけは、はっきり言えるのかよ」とやじが飛んだ。

 すらすら答弁していた佐川氏が口ごもったのは、「(改ざんで)なぜ安倍昭恵夫人の名前を消したのか」と問われた時。補佐人として後席に控えていた元検事の熊田彰英弁護士に助言を求め、「答弁を差し控えたい」ときっぱり言った。

 小池晃氏(共産党)に「総理夫人が何度も(文書に)出てくるのを見てどう思ったか」と問われても、改ざんの経緯に関わるとして証言を拒否。「証人喚問の意味がない」「都合の悪いことは答えないだけじゃないか」と野党は反発、委員会室が騒然となった。

 「自ら関与していたかどうか言えないのに、なぜ(官邸などからの)指示がなかったと言えるのか」。当たり前の疑問にも同じ答えを繰り返す佐川氏に、福山哲郎氏(立憲民主党)は「逆に疑惑を深め、火に油を注いだ」と語った。

 財務省によると、改ざんは佐川氏の国会答弁との整合性を図るため、昨年二月下旬〜四月にかけて行われたとされる。しかし、証人喚問で「(当時の)私の答弁は正しかったと考えている」と述べた佐川氏。ならば、なぜ改ざんされたのかを問われると、やはり「刑事訴追の恐れ」を理由に答えなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報