東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

郵便局でも携帯電話回収 東京五輪 再生メダルに

郵便局に置かれた携帯電話の回収ボックス=28日午前、東京・丸の内で

写真

 環境省と二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会は二十八日、使用済み携帯電話などから取り出したリサイクル金属でメダルをつくるプロジェクトの一環として、郵便局での携帯電話の回収を始めた。日本郵便と連携して全国約三千カ所にボックスを設置し、回収量を増やす。

 この日は東京・丸の内の東京中央郵便局で協力を呼び掛けるイベントを開催。参加したシドニー五輪競泳銅メダリストの田中雅美さんは「(メダルづくりは)素晴らしい取り組みで、日本人として非常に誇りに思う」と話し、携帯電話を回収ボックスに入れた。

 組織委によると、東京大会で取り扱われる金、銀、銅のメダル総数は約五千個で、計約八トンの金属が必要という。

 組織委などは昨年から、全国のNTTドコモの店舗や、プロジェクトに参加する自治体の庁舎などで回収を進めてきたが、必要量は確保できていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報