東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

豆腐よう「放射性廃棄物のよう」 教科書記述、訂正申請

 文部科学省の教科書検定に二十七日に合格した文英堂(京都)の高校の英語教科書「コミュニケーション英語III」に、沖縄の発酵食品「豆腐よう」について「放射性廃棄物のよう」との記述があったことが、分かった。文英堂は「誤解を招く恐れがある表現だった」として、文科省に二十九日、該当部分を削除する訂正申請を行った。

 問題となった記述は、英国人が沖縄県を旅行で訪れた際の様子を紹介したもの。豆腐ようを食べた時の様子を「ブルーチーズと放射性廃棄物を足して2で割ったものを食べたよう」と表現されていた。

 文英堂の担当者は「筆者はユーモアのつもりだったが、そのまま使ってしまった。放射性廃棄物に関する部分の英文は削除する」と話した。

 文科省は「筆者の感想であり、事実として書いたわけではないので、修正は必要ないとの判断だった」と説明している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報