東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

春の街、模様替え ミッドタウン日比谷開業

開業し、大勢の人でにぎわう東京ミッドタウン日比谷=29日午前、東京都千代田区で(市川和宏撮影)

写真

 三井不動産の大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」(東京都千代田区)が二十九日開業した。商業フロアにはレストランや衣料品店など約六十店が入居するほか、シネコン(複合映画館)も備えた。銀座に隣接する立地の良さもあり話題の観光スポットになりそうだ。

 施設は地上三十五階、地下四階の高層ビルで、地下一階〜地上七階までが商業フロア。六十店のうち約半分が飲食、残りが衣類雑貨・化粧品などの物販の店舗。日本初出店の米ニューヨークのレストラン「Buvette(ブヴェット)」をはじめ人気店が数多く入居する。四、五階には十一スクリーンを有するシネコン「TOHOシネマズ 日比谷」が入る。九〜三十四階はオフィスフロアに充てる。

 「東京ミッドタウン」ブランドの施設は港区に続いて二カ所目。外観は明治時代に建てられた「鹿鳴館」で踊るカップルの姿をモチーフに、柔らかな曲線を取り入れたデザインにした。初年度の来館客数は千二百万人を見込んでいる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報