東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

限定人形100体を1人で買い占め 計1200万円超、転売目的か

写真

 京都高島屋(京都市下京区)が客一人二体までとして百体限定で受注販売した人形が、一人の男性客に買い占められていたことが一日分かった。スーパードルフィーと呼ばれる精巧なもので、百体で代金は計千二百万円を超える。インターネット上では「転売目的」との指摘があるが、京都高島屋は「転売目的かどうか確認できない。契約も成立してしまっている」として予定通り五月に引き渡すという。

 京都高島屋によると、販売したのは画家の故中原淳一氏の絵を再現した「ロリーナ」という名前の女の子の人形(高さ六十四センチ)で、一体十二万四千二百円。三月三十一日に受注販売を受け付けると開店前から約二百人の行列ができ、先着五十人に整理券を配布した。

 複数のカウンターで販売員が受注販売の手続きを進めたが、整理券を受け取った人がカウンターに来るたびに、最初に購入した男性客が次々と「この人の分も払います」と言って他の客の代金も支払ったという。他の客もこの男性客の関係者だったとみられる。

 中国の通販サイトには「京都高島屋限定」としてロリーナの販売情報が掲載されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報