東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

西部邁さん自殺ほう助容疑 MX子会社社員ら逮捕

西部邁さん

写真

 一月に亡くなった評論家西部邁さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、警視庁は五日、自殺ほう助の疑いで、東京MXテレビの子会社社員の窪田哲学容疑者(45)と、西部さんの知人で会社員の青山忠司容疑者(54)の二人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 警視庁によると、窪田容疑者は、西部さんが出演していた番組でディレクターを務めていたといい、動機について「西部先生の死生観を尊重して力になりたいと思った」と供述している。青山容疑者は「二十年以上お世話になった先生のためにやらなければいけないと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑では一月二十一日、道具を準備し、西部さんを東京都大田区の多摩川付近まで車で連れて行き、西部さんに安全帯などを装着させて、自殺をほう助したとされる。

 西部さんは同日朝、大田区の多摩川の水中で見つかり、病院で死亡した。河川敷には遺書が残されていた。

 捜査関係者によると、西部さんの体はロープで近くの木と結び付けられ、体の一部も安全帯で縛られたような状態だった。口の中には小さな瓶が入っていた。

 西部さんは手が不自由だったことから、警視庁は本人以外に関与した人物がいたとみて調べていた。西部さんは二十日夜に新宿区で娘に「人と会う」と告げて別れた後、二十一日未明に同区内の防犯カメラに窪田容疑者と歩いている姿が写っていた。

 番組の公式ウェブサイトや別の関係者によると、窪田容疑者は東京MXテレビから子会社に出向しており、時事問題などについて司会の西部さんがゲストと討論する同局の番組「西部邁ゼミナール」(終了)のディレクターを務めていた。西部さんの信頼が厚かったという。三月三十一日には追悼番組も放送された。

 青山容疑者は西部さんが主宰していた私塾の塾頭を務め、西部さんの生前に収録された一月の放送回にも登場していた。

◆窪田容疑者 「気遣いの人」逮捕前に語る

 西部邁さんの自殺ほう助容疑で五日逮捕された東京MXテレビの子会社社員、窪田哲学容疑者(45)は、逮捕前の三月、共同通信の取材に「気遣いの人でした」などと西部さんへの思いを語り、最後に会ったのは自殺の「数日前」と答えていた。

 取材は、西部さんを悼む特集記事に応じたもの。自殺数日前に会った酒場では、予感で涙ぐむ人がいる中で西部さんが「みんな、ありがとう」と話した、と述べた。

 西部さんについて「人を励ます言葉に力があった。家族、特に夫婦の大切さを説いた」と振り返っていた。

◆捜査に全面協力

<東京MXテレビの話> 捜査中でコメントを差し控えますが、弊社としては警察の捜査に全面的に協力します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報