東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アルマーニお披露目 銀座・泰明小、入学式

PTAの人たち(手前)が見守る中、東京・銀座の中央区立泰明小学校の入学式に向かう新入生=6日午前(代表撮影)

写真

 東京・銀座にある中央区立泰明小学校が、実質的な制服に当たる標準服にイタリアの高級ブランド「アルマーニ」監修のデザインを採用し、高額すぎるなどとの批判が相次いだ問題で、同小は六日、対象となった新一年生の入学式を行った。同小によると、出席した五十五人全員がアルマーニの標準服を着用し、一人が欠席した。

 和田利次校長は「入学式を迎えられてほっとしている。子どもたちが心穏やかに通学できるよう、温かく見守っていただくことを願う」とのコメントを出した。

 文部科学省は三月十九日付で、制服などの学用品が保護者の過度な経済的負担にならないよう、全国の教育委員会に通知。制服などの選定や見直しを行う際には、保護者らから広く意見を聴くよう求めている。

 中央区によると、問題発覚後、在校生が服をつままれて「これがアルマーニか」と言われる嫌がらせを受けたとの報告もある。学校側は、安全対策のため、民間警備会社による通学路の巡回警備も行い、六日の入学式は学校前の道路を立ち入り規制に。地域を管轄する警視庁築地署も、例年より大幅増員の署員約二十人を学校周辺に配置した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報