東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「カモノハシ」700系引退へ 東海道新幹線、20年春

写真

 JR東海が東海道新幹線(東京−新大阪)で運行する車両「700系」=写真(上)=を二〇二〇年三月のダイヤ改正を機に引退させる方針を固めたことが七日、分かった。先頭のくちばしのような形状から「カモノハシ」との愛称で親しまれてきたが、高速化に対応できず、登場から二十一年で東海道区間から姿を消す。JR西日本が管轄する山陽新幹線(新大阪−博多)では改正後も運行を続ける見通し。

 700系は一九九九年三月に運行を開始。先頭の形状は、空気抵抗を低減するために考案され、斬新なデザインは子どもらの人気を集めてきた。車内の座席周辺の空間が広く、比較的ゆったり座れるのも特徴だ。現在は主に「こだま」の車両で使われている。

 JR東海は二〇二〇年三月のダイヤ改正後、東海道区間を最高時速二百八十五キロで走れる車両に統一するため、同区間を最高時速二百七十キロで走る700系の運用を終えることにした。具体的な引退日は未定。

 ダイヤ改正後は主力車両「N700A」が残り、新型の「N700S」=同(下)=が二〇年度に営業運転を始める予定だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報