東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

鹿児島3人殺害 不明2人にも関与か

殺人事件が起きた現場の民家を調べる鹿児島県警の捜査員ら=7日午後、鹿児島県日置市で

写真

 鹿児島県日置市の民家で男女三人が殺害された事件で、県警は七日午後、三人とは別に行方が分かっていない住人の岩倉久子さん(89)と次男(68)の二人の捜索を現場周辺で続けた。防犯カメラの映像などを解析するとともに、殺人容疑で逮捕した岩倉知広容疑者(38)が、二人が不明になった事情を知っているとみて調べている。

 知広容疑者は久子さんの孫で、次男の息子。逮捕容疑は六日午後三時十分ごろから二十五分ごろ、久子さん宅で、近くに住む後藤広幸さん(47)の首を絞めるなどして殺害したとされる。容疑を認め、ほか女性二人の殺害もほのめかしている。

 六日午後七時前、現場から約一・五キロ離れた日置市内の市道を歩いていた知広容疑者を捜査員が発見、任意同行した。

 県警によると、次男は事件の数日前から職場を欠勤していた。殺害された三人は次男らの安否確認に訪れた際、襲われたとみられる。

 後藤さんは、久子さんの長男(70)の知人で、頼まれて現場を訪問していた。首に絞められた痕があったほか、殴られたような痕もあった。司法解剖の結果、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と判明した。

 知広容疑者と後藤さんは、久子さんが所有するアパートの別の部屋に住んでいて面識があった。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報