東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「5人とも殺害」 逮捕の孫、新たに父ら2遺体

遺体が発見された山林の空き地を調べる捜査員ら=8日、鹿児島県日置市で

写真

 鹿児島県日置市の民家で男女三人が殺害された事件で、県警は八日、殺人容疑で逮捕された岩倉知広容疑者(38)の供述に基づき、民家から約四百メートル離れた山林内の空き地で新たに男女の二遺体を発見した。一遺体は行方が分かっていない容疑者の父親で民家住人の岩倉正知さん(68)と判明。もう一遺体は祖母岩倉久子さん(89)とみて、身元確認を急ぐ。知広容疑者は「五人とも家の中で殺害した」と供述しており、動機や詳しい状況を調べる。

 県警によると、二遺体は全身を穴の中に埋められた状態で、着衣はあったが腐敗が進んでいるという。知広容疑者は二人を車で運んだと供述。県警は二人を殺害し、遺棄した後、安否確認に訪れた親族ら三人も次々に殺害したとみている。

 知広容疑者は調べに「六日午後、親族の女性二人を殺害後、家にとどまっていた。その後来た男性を殺して外に出た」などと供述している。

 被害親族の岩倉孝子さん(69)の軽乗用車が、遺体遺棄現場に放置されていたことも判明。県警は発覚を免れるために隠蔽(いんぺい)を図った可能性があるとしている。

 司法解剖の結果、孝子さんと、その姉坂口訓子(くにこ)さん(72)の死因は、頸部(けいぶ)圧迫による窒息死だった。正知さんは派遣従業員で、県警は九日、司法解剖し、死因を調べる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報