東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

藤井、最年少七段に王手

竜王戦のランキング戦5組準々決勝で勝利し、対局を振り返る藤井聡太六段=10日夜、東京都渋谷区で

写真

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は十日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦ランキング戦五組の準々決勝で阿部光瑠六段(23)を破り、ベスト4に進出した。準決勝に勝てば、規定により史上最年少の七段に昇段する。

 これまで、七段の最年少記録は加藤一二三・九段(78)の十七歳三カ月。

 規定では、竜王戦の予選にあたるランキング戦で、二回連続で昇級すれば七段に昇段する。五組から四組への昇級枠は四人。決勝に進んだ二人と昇級者決定戦を勝ち抜いた二人が、上のクラスへ昇格となる。藤井六段は前期、六組で優勝して五組へ昇級を果たした。

 準決勝で、船江恒平六段(30)−石井健太郎五段(25)の勝者と対戦する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報