東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

70代も「高齢者」と言いません 大和市が宣言更新

 神奈川県大和市は十一日、「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。今後、市の施策や広報誌などでなるべく「高齢者」という言葉を使わないようにする。法律や条例などの対象者や運用は変更しない。

 市によると、こうした宣言をした自治体はほかにないという。

 宣言は「人生百年時代を迎える超高齢社会では、一般に六十五歳以上を高齢者とする固定観念を変えていくことが必要だ。この世代が意欲や能力に応じて、いつまでも生き生きと活躍してもらいたい」としている。

 市は二〇一四年に「60歳代を高齢者と言わない都市」を宣言。日本老年学会などが昨年、高齢者の定義を七十五歳以上に見直すよう提案したことなどから、今回“更新”することにした。

 大和市の七十代は約二万六千人。大木哲市長は「高齢者という枠を取り払って、のびのびと生きてほしい。年齢に関わりなく、前を向いて歩んでもらいたい」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報