東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

警官射殺で19歳同僚逮捕 殺人容疑、認める供述

井本光巡査部長が拳銃で撃たれた滋賀県彦根市の「河瀬駅前交番」=12日午前

写真

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で十一日夜、この交番に勤務する井本光(あきら)巡査部長(41)が射殺されて見つかった事件で、県警は十二日早朝、拳銃を持ったまま行方不明になっていた巡査の少年(19)=彦根市=を殺人容疑で逮捕した。容疑を認めており、捜査関係者によると「巡査部長にがみがみ言われて腹が立った」などと供述している。県警は二人の間のトラブルの有無などを詳しく調べる。警察庁によると、警察官が拳銃を使用して同僚を殺害した事件は過去に例がない。

 県警によると、同日午前一時三十五分ごろ、同県愛荘町川久保の近江鉄道の線路上を歩いている巡査を、捜索中の警察官が発見して身柄を確保した。落ち着いた様子で職務質問に応じたという。

 拳銃は、巡査が逃走に使って乗り捨てたとみられるパトカーから北東へ六百メートルの同県豊郷町八町の田んぼで革ベルトや手錠、警棒と共に捨てられていた。拳銃には弾が三発残っており、交番の外で発射された形跡はないという。

 逮捕容疑では、十一日午後七時四十五分ごろ、交番で井本巡査部長の後頭部と背中を拳銃で撃ち殺害したとされる。傷口から、撃ったのは二発とみられる。交番の防犯カメラの映像には、倒れ込む巡査部長の姿が確認されたが、犯行の様子は写っていなかった。

 事件は同日午後八時十五分ごろ、交番で使用しているパトカーが現場から南東へ五キロの愛荘町目加田の田んぼ内で見つかったことから発覚。パトカーが無人だったため、彦根署員が交番に向かったところ、机に突っ伏して血を流して倒れている井本巡査部長を見つけた。発見時、交番のドアや窓は施錠されていた。

 交番では同日午前八時半から、井本巡査部長と巡査の二人で二十四時間勤務に入っていた。本来は三人勤務だが、この日は別の巡査が欠勤していた。

 巡査は身柄を確保された後、四時間近くにわたって拳銃の捜索に同行し、翌十二日午前五時半に逮捕された。拳銃は同七時に見つかった。

 県警の武田一志(ひとし)警務部長は十二日朝、県警本部で会見し、「警察官が貸与された拳銃を使用し、殺人事件を起こしたことは極めて遺憾。ご遺族、県民に深くおわび申し上げます。当該職員については厳正に対処したい」と陳謝した。

◆被害者は「教育係」 指導に「腹が立つ」

 彦根市の交番で井本光巡査部長が同僚の巡査に撃たれて死亡した事件。警察官が警察官を銃撃するという事態に衝撃が広がった。殺人容疑で逮捕された巡査の少年は、井本巡査部長からの指導に対し、「(巡査部長に)腹が立つ」と不満を漏らしていたという。

 県警によると、巡査は今年一月末に警察学校を卒業したばかり。別の交番に配属されたが、三月二十六日に井本巡査部長と共に事件のあった河瀬駅前交番に配属された。

 巡査は県立高三年だった二〇一六年八月、滋賀県警察学校であったオープンキャンパスに参加。本紙の取材に応じ「生活安全課とか、交番のお巡りさんになりたい。将来は市民の身近な存在になりたいです」と将来の夢を話していた。

 一方、射殺された井本巡査部長は、巡査の教育係として三日に一度、別の巡査と共に三人で二十四時間にわたって一緒に勤務していた。事件当日は別の巡査が病欠のため二人で勤務していた。

 井本巡査部長は交番勤務が長く、刑事だった時期もある。県警は二人の勤務態度に問題はなく、二人の間のトラブルを確認していないとしているが、捜査関係者によると、井本巡査部長は仕事に実直な姿が上司に評価されていたという。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報