東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

財務次官セクハラ疑惑 麻生氏処分せず「緊張感もって」

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題に揺れる財務省の事務方トップである福田淳一事務次官(58)が、複数の女性記者にセクハラ的な発言を行っていたとの記事が、十二日発売の週刊新潮に掲載された。

 新潮の記事によると、福田氏は同省担当の女性記者に会食などの席でいやらしい言動を繰り返したとされる。

     ◇

 麻生太郎財務相は十二日の参院財政金融委員会で、セクハラ疑惑が報じられた福田財務事務次官に対し「財務省が置かれている状況を考え緊張感を持って対応するよう訓戒を述べた」ことを明らかにした。

 福田氏から記事に関する報告を受けたとした上で「訓戒で十分だと思っている」と強調。追加の調査や処分はしない考えを示した。

 福田氏は「(セクハラと指摘された)やりとりは定かではないが、誤解を受けることのないよう気をつけたい」と謝罪したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報