東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

彦根・警官射殺 「怒鳴られたから」 逮捕の巡査「背後から撃った」

写真

 滋賀県彦根市の交番で巡査の男(19)が貸与された拳銃を使って上司の井本光巡査部長(41)を射殺した事件で、殺人容疑で逮捕された巡査が、指導役の井本巡査部長に不満を持ち、「怒鳴られたからやった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、巡査は「(井本巡査部長は)厳しかったが、きちんと指導してくれた」とも供述。ともに三月二十六日から交番で勤務し、県警が動機を調べている。

 県警によると、現場の河瀬駅前交番に設置された防犯カメラ映像には、十一日午後七時四十七分ごろ、机に向かい執務中の井本巡査部長が突然前方に倒れ、直後に巡査が正面のドアから出て行く様子が写っていた。巡査部長の主な死因は頭部を撃たれたことによる脳幹部損傷で、ほぼ即死状態だった。

 巡査は「背後から撃って殺したことに間違いない。(井本巡査部長は)いすに座ったまま前に倒れ、ぴくりともしなかったので死んだと思った」と説明。パトカーで逃走したと供述している。巡査は、十二日未明に身柄を確保された際、現金約五十万円が入った財布を持っていた。県警は逃走資金を用意した疑いもあるとみて、事件後の足取りを捜査している。

 巡査は県内の高校を卒業し、昨年四月に採用。今年一月、警察学校の初任科を修了し、彦根署管内の別の交番を経て、三月二十六日から河瀬駅前交番に配置された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報