東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

14年前 高2刺殺容疑 男逮捕、DNA型一致

写真

 広島県廿日市市で二〇〇四年に県立廿日市高二年北口聡美さん=当時(17)=が自宅で刺殺された事件で、廿日市署捜査本部は十三日、殺人の疑いで山口県宇部市、会社員鹿嶋学容疑者(35)を逮捕した。

 捜査関係者によると、鹿嶋容疑者は別の暴行事件で山口県警に書類送検されていた。今月に入り、指紋と掌紋を検索できる指掌紋自動識別システムで照合した結果、同容疑者の指紋と現場に残されたものが一致。その後、DNA型も一致したという。

 捜査本部は北口さんと鹿嶋容疑者との接点など全容解明を進める。

 鹿嶋容疑者は十三日午前、任意同行の後、取り調べを受けた山口南署から廿日市署へ移送された。

 鹿嶋容疑者は〇四年十月五日午後三時ごろ、廿日市市上平良の北口さんの自宅で、北口さんの首などを刺して殺害した疑いが持たれている。

 悲鳴を聞いて駆け付けた祖母と当時小学六年の妹が、離れ一階の玄関付近で、胸や腹を刺されて倒れている北口さんとそばに立っていた男を発見。妹は近所に助けを求めて逃げたが、祖母は首など十カ所近くを刺され、一時意識不明の重体になった。

 捜査本部は妹の証言などを基に作成した似顔絵や、現場に残された足跡から特定した同じ型の靴を公開し、情報提供を呼び掛けていた。警察庁は〇八年から最高で三百万円の公的懸賞金(捜査特別報奨金)を出すことを決め、解決に結び付く情報提供を求めていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報