東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

14歳少女、1000万円盗む 友人宅から 容疑で逮捕

警視庁が押収したトートバッグやスマートフォン=16日、深川署で

写真

 友人宅から現金一千万円を盗んだとして、警視庁は十六日、窃盗の疑いで、東京都江東区立中学三年の少女(14)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑では、二年生だった一月初旬〜二月二十七日、区内のマンションに住む、小学校で同級生だった友人宅のリビングにあった、友人の母親(41)の一千万円を盗んだとされる。

 少年事件課によると、少女は中学校の同級生の男女約十人に数十万〜百万円ずつ配っていた。同課は少女から五十万円、同級生らから七百四十万円を押収。残り二百十万円について捜査している。「友人宅に行ったとき二回にわたって札束の現金を盗んだ。仲間外れにされている感じがあった。ストレスからやってしまった」と容疑を認めているという。

 少女は、被害に遭った家の友人とは別の中学に通っていたが、週二〜三回、遊びに訪れていた。少女の母親が二月中旬、少女の部屋のクローゼットで、トートバッグの中から帯封やゴムで束ねた札束を発見。少女に問いただしたところ「知らない男から預かった」と言われ、母親の部屋に保管し、翌日に親子で深川署に相談した。その後、少女が隙を見て現金を持ち出し、同級生らに配っていた。

 友人の母親は三月三日、被害届を提出した。中学校の調査で、同級生に配っていたことが判明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報