東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「知事側近作成ファイル上書き」都民ファ 質問疑惑都議 やらせは否定

都議会委員会での「やらせ質問」疑惑を否定する樋口高顕都議=16日、都庁で

写真

 東京都議会での質問案作成に都顧問が関わった問題で、やらせ質問の疑念を持たれている都民ファーストの会の樋口高顕都議は十六日、報道陣の取材に応じ、都に事前にメールで送った質問案のうち一件は、文書ファイルの作成者名が当時、都顧問だった小島敏郎氏であることを認めた。この文書の公開は「差し控えたい」としつつ、「やらせ質問ではない」と述べた。

 樋口氏によると、昨年九月一日の都議会委員会に備え、前日と当日に計四回、都に質問案を送ったが、このうち一件のファイル作成者名が小島氏だった。「築地市場跡地の再開発に詳しい小島氏から文書ファイルをもらい、そこに私がそれまでに作っていた質問を加えた」と説明した。

 小島氏からのファイルは、地元の中央区による再開発方針の歴史的経緯が記されていたという。その文書を公開しないのか、との質問には「これまでも質問の過程や内容を明らかにしていない。今回は差し控えたい」と述べた。委員会で質問に立った樋口氏は、豊洲市場内に観光拠点を造る計画を巡り、知事の方針を擁護した。この内容について、樋口氏は報道陣の取材に「小島氏からこのような質問を作れという指示もなかった」と、やらせ質問を否定。小島氏のファイルに上書きして都に送った理由は「忙しかったから。今後は疑念を持たれないよう気を付けたい」と釈明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報