東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

お墓の場所を生前登録 横須賀市、無縁仏防止へ支援

 神奈川県横須賀市は十七日、市民が人生の最期に向けて準備する「終活」を支援するため、自分が入る墓の所在地を生前に登録する事業を五月一日から始めると発表した。家族らの墓があるのに場所が分からず、無縁仏として納骨されるのを防ぐのが狙い。市によると、「お墓の住民票」とも言えるこうした取り組みは全国初。

 遺言書の保管場所や葬儀の生前契約先、緊急連絡先などの情報も登録できる。本人の死亡後、墓の所在地は葬儀業者や墓参りを希望する人が市に問い合わせることで知ることができ、遺言書の保管場所は故人が指定した人だけに開示される。市によると、身元が判明しているのに引き取り手がなく、無縁納骨堂に安置される遺骨が近年増加。子どものいない夫婦で、先立った夫の墓があるはずなのに妻が亡くなった際に誰も墓の所在地を知らないといったケースがあるという。

 上地克明市長は十七日の記者会見で「こうした不幸を少しでも減らし、死後の尊厳を守りたい」と述べた。

 市が登録情報を管理し、警察や消防、医療機関などの照会にも応じる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報