東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新潟知事、あすにも進退判断 会見で女性問題認める

記者会見する新潟県の米山隆一知事=17日午後、新潟県庁で

写真

 女性問題が取りざたされている新潟県の米山隆一知事は十七日、県庁で記者会見し、自身の進退について「結論は出ていない。一日、二日、整理する時間を与えてほしい」と述べた。十九日にも辞職するかどうかを表明する見通しだ。

 米山氏は記者会見で、女性問題が理由だと認め、十五日に週刊誌取材を受けたと明らかにした。これを踏まえ米山氏は周辺に辞職の意向を伝えていた。

 記者会見で、支援者や県職員に相談し「頑張れという声ももらった」と慰留されたことを説明。女性問題について「行為に関しては後悔している」と述べた上で「責められる余地はある」と、時折涙を見せながら語った。一方で「自由恋愛だった」と、違法性はないとの認識を示した。

 新潟県は十七日、米山氏の臨時記者会見を十九日に行うと発表した。

 米山氏を支える社民党県連の小山芳元(こやまよしもと)代表は取材に対し、十六日夜に自身を含む県政与党関係者らが米山氏に辞職を進言したと明かした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報