東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

福田氏「全体を見てくれ」 セクハラ疑惑

無言で成田空港に入る麻生太郎財務相=19日、千葉県成田市で

写真

 財務省の福田淳一次官のセクハラ疑惑を巡り、福田氏の辞任表明や、女性社員が被害を受けていたとするテレビ朝日の記者会見から一夜明けた十九日午前、福田氏は報道陣にセクハラを重ねて否定した。同省事務方トップの辞任表明で大揺れの中、麻生太郎財務相は国際会議出席のため米国へ。次官辞任などについて口を開くことはなかった。 (福岡範行、小沢伸介)

 午前八時半、東京都内にある福田氏の自宅前には、二十五人ほどの報道陣が詰め掛けた。黒いスーツ姿で玄関から出てきた福田氏。自らカメラの前に歩み寄った。

 テレビ朝日の記者会見に対する受け止めを聞かれると、「(セクハラの音声は)一部しかとっていないでしょ。全体を見てくれと前から申し上げている通り」と、視線を落とさず、よく通る声で従来の主張を繰り返した。

セクハラ問題で、記者会見するテレビ朝日の篠塚浩報道局長(右)と長田明・広報局長=19日午前0時15分、東京都港区で

写真

 「よしっ」と声を出し、迎えの車に乗り込もうとすると、記者が「テレ朝の主張は違うということか」と質問。福田氏はやや早口になり「いや、まあ、テレ朝がどういう調査をされたか知らないけど、全体として見ると、そういうことではない」と言葉の端々に力を込めた。

 「女性記者にひと言ないか」と問われると、後部座席から「えっ?」と聞き返し、もう一度尋ねられても、口を結んだまま。「セクハラを否定するのに、なぜ辞任するのか」と聞かれても、「仕事にならなくなっているからですね」と答え、車のドアを閉めた。

 ◇ 

 麻生氏は十九日午前、米ワシントンで開かれる二十カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、成田空港を出発した。搭乗ゲートなどでは報道陣からの質問に答えず、険しい表情で無言のまま過ぎ去った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報