東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

運転免許課職員が酒気帯び事故 容疑の神奈川県警主査を逮捕

 神奈川県警戸塚署は二十日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県警運転免許課主査の事務職員寺田美鈴容疑者(49)=横浜市磯子区中原=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑では、同日午後九時二十五分ごろ、同市戸塚区品濃町の市道交差点で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、同市港南区の無職女性(51)の乗用車に追突したとされる。女性は首の痛みを訴え、病院に搬送された。駆け付けた警察官が呼気検査し、基準値を超えるアルコールを検出した。

 監察官室によると、寺田容疑者は勤務後の同日午後六時から約二時間、同僚数人と市内で飲酒した後、帰宅する途中だった。「ビールジョッキ三杯ほど飲んだが、酔いがさめたと思った」と容疑を認めているという。二〇一六年九月に同市旭区の運転免許本部に配属され、学科試験の採点を担当していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報