東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

不妊治療死亡で書類送検へ 3医師、業過致死容疑 福岡

 不妊治療で誤った処置をし女性を死亡させたとして、福岡県警が業務上過失致死の疑いで北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の院長ら医師三人を書類送検する方針を固めたことが二十三日、分かった。捜査関係者が明らかにした。不妊治療の術後に患者が死亡する例は珍しい。

 捜査関係者らによると、二〇一六年十一月、卵管の詰まり具合などを確認するため、三十代女性に全身麻酔をした上で空気を送り込む手術をしていたところ容体が急変。別の病院へ搬送されたが、同十二月に死亡した。

 当時の担当医師が誤って多量に送った空気の一部が血管に入って肺などに詰まり、死亡させた疑いが持たれている。県警は、手術に立ち会った別の医師と、院長も監督義務違反などに問えると判断した。

 この担当医師は処置の誤りを認めており、県警は検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付ける方針。

 医療関係者によると、通常、手術中に卵管の詰まりなどを確認する場合、空気ではなく人体に危険のない色素水を流すことが多いという。同医院は高度な不妊治療を行うことで知られ、全国から患者が訪れている。取材に対し「捜査に全面協力したい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報