東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「被害者孤立させない」 研究者ら「#WithYou」

セクハラ被害者に対するバッシングを防ごうと開かれた緊急集会で、「#WithYou」と書かれたメッセージを掲げる参加者たち=23日夜、衆院第1議員会館で

写真

 福田淳一財務次官のセクハラ疑惑を巡り、女性差別問題に詳しい研究者や弁護士、ジャーナリストらが二十三日、衆院第一議員会館で緊急集会を開き「被害者を孤立させてはいけない」「セクハラ被害が続くかどうか、今が分水嶺(ぶんすいれい)」と声を上げた。

 野党議員らを含め約百二十人が参加。欧米で広がった性被害告発運動「#MeToo」(私も)にならい、被害者を独りにしないという思いを込めて「#With You」(あなたとともに)と書いた紙を掲げた。

 参加者らは、被害女性に名乗り出て協力するよう求めた財務省の対応に、一様に怒りを訴えた。中央学院大学准教授の皆川満寿美さんは「被害者への配慮に著しく欠けている。加害を軽くみている」と批判した。

 被害にあった女性がインターネットなどで中傷されている現状には、参加者から「被害者に寄り添いたい。どうにかして声を届けたい」などの思いを込めた言葉が相次いだ。セクハラを防ぎ、被害を訴えやすくするため、労働法などに詳しい参加者は、被害者のニーズに合った救済システムや法整備の必要性を指摘した。(内田淳二)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報