東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

辺野古着工1年で翁長知事 承認撤回辞さぬ考え

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は二十五日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古(へのこ)沿岸部で政府が護岸埋め立て工事に着手して一年となったことについて「国の動きや環境保全措置などが看過できない事態となれば、ちゅうちょせず必ず撤回する」とし、前知事が出した埋め立て承認の撤回も辞さないとするコメントを発表した。

 防衛省沖縄防衛局に対しては、専門家から埋め立て予定海域に活断層の存在が指摘されているにもかかわらず、工事を強行しているとして「甚だ遺憾だ」と批判。基地建設の現状については、護岸のみの着工で、二度と後戻りできない事態にまでは至っていないと指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報