東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

元NHK記者に懲役21年 3人に性的暴行 地裁「再犯の恐れ」

 山形、山梨両県で二十代の女性三人に性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判で、山形地裁(児島光夫裁判長)は二十五日、懲役二十一年(求刑懲役二十四年)の判決を言い渡した。

 被告は一貫して無罪を主張していたが、児島裁判長は三件いずれも被告の犯行と認定し、判決理由で「再犯の恐れがあり、被害者が厳罰を望んでいる」と述べた。

 公判で検察側は「常習的な犯行で反省の態度がなく、再犯の恐れがある」と指摘。弁護側は現場遺留物のDNA型が被告のものと一致したとする検察側の鑑定結果について「疑問があり証拠として適切でない」と批判していた。

 判決によると、二〇一六年二月に山形市、一四年十月と一三年十二月に山梨県で女性宅に侵入。「おとなしくしていれば殺さない」などと脅して乱暴し、うち二件で女性にけがを負わせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報