東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ABBA、35年ぶり新曲  12月に特番「楽しかった」

 【ロンドン=阿部伸哉】1970年代に世界的に人気を博したスウェーデンのポップグループ「ABBA(アバ)」は27日、約35年ぶりに新曲2曲を収録したと明らかにした。新作のうち「I Still Have Faith in You」(「まだあなたを信じている」の意)を12月に英BBCや米NBCの特番で披露する。

 68〜72歳のメンバー4人はインスタグラムに連名で書き込み、久しぶりの収録に「短い休暇で離れていただけのような感覚で、すごく楽しい体験だった」と振り返った。新曲については「私たちは年を取ったかもしれないが、曲は新鮮で気持ちがいい」と紹介している。アバは来年、本人たちは参加しないが、代わりにメンバーをデジタル技術で再現した立体像がステージに立つ世界ツアーを計画中。その中で「もう一度、力を合わせて収録スタジオに入ったら面白そう」と4人が意気投合し、新曲収録となったという。

 アバは1972年に結成され「ダンシング・クイーン」「テイク・ア・チャンス」などヒット曲を連発。82年末に活動を停止し事実上解散した。代表曲を集めたミュージカル「マンマ・ミーア」は世界440都市で上演されるロングランとなっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報