東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

お国柄 百花まとう 東京五輪へ各国イメージの着物

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて作られた、世界各国をイメージした着物を披露する高校生ら=29日、福岡県久留米市で

写真

 二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向けて世界各国をイメージした和服を作っている、福岡県久留米市の一般社団法人「イマジン・ワンワールド」が二十九日、完成した百着のお披露目会を地元で開いた。

 日本の伝統文化を介して「世界は一つ」というメッセージを伝える取り組み。約千五百人の見物人を前に、九州各県の女子高生らがあでやかな着物をまとい、優雅に歩いた。

 企画したのは、久留米市で呉服店を営む傍ら四年前に法人を立ち上げた高倉慶応(よしまさ)さん(50)。山形県の米沢織や京都府の京友禅、沖縄県の琉球紅型(びんがた)など、全国の着物作家や職人ら百三十人以上の協力を得た。同法人は寄付を募って制作資金を集め、百九十六カ国を題材に着物作りを進めている。

 カンボジアの着物にはアンコールワット遺跡の文様をあしらった。中国をテーマにした作品には万里の長城をデザイン。ケニアは二百色近い糸を使い、壮大な自然と動物を織り込んだ。

 お披露目会の最後で、着物姿の女子高生らは全員で大きな輪になって手をつないだ。久留米市の会社員矢冨貴子さん(57)は「それぞれの着物に意味がある」と感激しながら見とれていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報