東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

口論、電車に接触させる 男性重体、容疑の男逮捕

 駅のホームで口論になった男性の頭部を動きだした電車に接触させ骨折や脳挫傷を負わせたとして、警視庁武蔵野署は二十九日、傷害の疑いで、自称中国籍の調理師代強容疑者(38)=埼玉県春日部市=を逮捕した。男性は意識不明の重体。

 逮捕容疑では、二十九日午前零時半ごろ、JR中央線吉祥寺駅のホームで、会社役員の男性(65)=東京都武蔵野市=の胸ぐらをつかむなど暴行し、同駅を出発した電車に頭部を接触させて重傷を負わせたとされる。

 署によると、代容疑者は「男性を押したわけではない。よく覚えていない」と供述。当時は酒を飲んでいた。二人は直前まで乗っていた電車内で声の大きさを巡って口論になり、吉祥寺駅で降りると、もみ合いになったという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】