東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

柳瀬氏面会問題 究明たらい回し 文科・農水「出向先のこと」 官邸「各省が回答」

写真

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡り、愛媛県幹部らが二〇一五年四月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した際、官邸スタッフとして文部科学省と農林水産省から内閣官房に出向していた職員も同席したとされる問題で、官邸と両省がともに事実の確認を避けている。官邸側は「(出向元の)各省が答えるもの」と主張し、一方の両省は「出向先のこと」といずれも真相究明をたらい回しにしている。(中沢誠)

 同席の有無について、出向先の内閣官房担当者は本紙の取材に「愛媛県職員らの官邸の入館記録がなく面会した事実を確認できないので、答えるのは難しい」と説明。両省には「各省がそれぞれの立場で答えるもの」と伝えたという。

 これに対し、両省は「内閣官房での仕事についてコメントは控える」と繰り返し、事実関係を調査する姿勢を見せていない。出向していた両省幹部本人に直接確認しようと、加計問題の合同会合への出席を求める野党の要請にも、両省は応じていない。

 柳瀬氏との面会を記した愛媛県文書では、柳瀬氏が、獣医学部開設を「首相案件」と発言したとされる。柳瀬氏は「記憶の限りでは会っていない」と否定しているが、両省からの出向職員が面会に同席していたと確認できれば、県文書の信ぴょう性は高まる。

 加計学園理事長とじっこんであることから、自身の関与も疑われている安倍晋三首相は「うみを出し切る」と関係省庁での徹底調査を表明している。しかし、実際の官邸や省庁の対応は真相究明を遠ざけており、野党議員からは「総理はうみを出し切ると言ったはず」「出向者本人に聞けないのは都合が悪いことがあって隠しているのでは」などと批判が相次いでいる。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報