東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

電動車椅子、踏切で立ち往生か 85歳はねられ死亡

 三日午後七時五分ごろ、山梨県山梨市正徳寺にあるJR中央線の踏切内で、同市内の最賀(さいが)まさえさん(85)が新宿発松本行きの特急あずさ27号(九両編成)にはねられて死亡した。県警によると、最賀さんは「シニアカー」と呼ばれる電動車椅子を使って、踏切を渡ろうとしていた。特急の乗客約四百人にけがはなかった。

 県警によると、最賀さんは踏切内で車椅子から降り、列車に向かって手を振っていたという。運転士が気づいて、ブレーキをかけたが、間に合わなかった。県警は車椅子が踏切内で立ち往生した可能性があるとみて調べている。最賀さんは畑仕事から戻る途中だったという。

 JR東日本によると、現場は山梨市駅と春日居町駅の間の遮断機と警報機の付いた踏切。非常停止ボタンはあるが、押されていなかったという。踏切を渡る道路の幅は約一・八メートルで渡りきるまで約十メートル。最賀さんの近所の男性は「近所にごみ捨てなどする時は、手押し車を使って歩いていた」と驚いた様子で話した。

 JR東によると、この事故で上下三本が運休や部分運休し、上下十七本に最大約一時間四十五分の遅れ。約四千人が影響を受けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報