東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ザギトワ選手 もうすぐ会える 秋田犬、月末贈呈

アリーナ・ザギトワ選手に贈呈される秋田犬の子犬=3日、秋田県大館市で

写真

 秋田犬保存会は三日、秋田県大館市で開催した犬の展覧会で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15)に贈る秋田犬の子犬を披露した。生後約二カ月半の赤毛の雌で、体重は約八キロ。五月末に、モスクワで贈呈式を行う予定。

 飼い主に抱きかかえられて登場した子犬は、おとなしい様子で周りを眺め、一緒に披露されたきょうだいの子犬とじゃれ合ったりしていた。

 ザギトワ選手の「近いうちに子犬が届けられるのを楽しみにしています」というビデオメッセージも紹介された。

 飼い主の浜田正巳さん(79)=秋田県大仙市=は「選ばれてうれしい。人なつっこい性格の子犬なので、ザギトワ選手にかわいがってもらってほしい」と笑顔で話した。

 保存会によると、アイスショーで来日したザギトワ選手に、候補の子犬の写真を何枚か見せて選んでもらった。ザギトワ選手は、「勝利」の意味を込め、「マサル(勝る)」と名付けたいと話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報