東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

セクハラ容認許さない 麻生氏「罪ない」に全国で抗議

東京・霞が関の財務省前で、横断幕やプラカードを手に麻生財務相の発言に抗議する女性たち=7日午後

写真

 福田淳一前財務次官のセクハラ問題を巡り、「セクハラ罪という罪はない」などと発言した麻生太郎財務相の辞任を求める抗議行動が七日夜、東京・霞が関の財務省前や札幌市など全国五カ所で行われた。集まった人々は「発言は悲しかった」「セクハラが許されない社会に変えたい」などと訴えた。

■財務省前

 財務省前では、冷たい風雨の中、プラカードを手にした数十人が集まった。女性差別問題に詳しい研究者や弁護士、ジャーナリストらが呼び掛けた。「財務省によるセクハラ認定を、省のトップが否定した。大臣として不適格だ」「反省して辞任を」などと沿道から声を上げた。

 エッセイストでタレントの小島慶子さんはマイクを握り、「テレビ朝日の女性記者だけでなく、セクハラ被害に遭った大勢の女性に共感して参加した。男性も性体験がないことをからかわれたり、職場でパワハラを受けたりする人もいる。身の回りの全てのハラスメントに『もうやめよう』と呼び掛けたい」と語った。 (出田阿生、宮尾幹成)

■京都

 京都市中心部の交差点では、約八十人が集まり抗議の声を上げた。市内に住む自営業の女性(58)は「私たちとの感覚の違いにがくぜんとした」と怒りをあらわにした。

■札幌

 札幌市のJR札幌駅前では約二十人が抗議行動に参加し、麻生氏の辞任などを求めた。欧米での性被害を告発する運動にならい、「#MeToo(私も)」と書かれたカードを掲げ、麻生氏の発言に抗議した。

 参加した市民団体「女性と人権全国ネットワーク」の近藤恵子共同代表(71)=札幌市中央区=は「麻生氏の発言は加害者を守る態度で許されない。すぐに辞任すべきだ」と強調。同区の団体職員佐々木かおりさん(47)は「セクハラ被害に苦しむ女性を力で抑圧するような発言。このままでは、女性が生きづらい社会になってしまう」と批判した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報