東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

加古里子さん死去 92歳 絵本作家、児童文化研究

写真

 「だるまちゃん」シリーズや科学絵本などで知られ、戦後の児童文学に大きな功績を残した絵本作家で児童文化研究家の加古里子(かこさとし)(本名中島哲(なかじまさとし))さんが二日、慢性腎不全のため死去していたことが七日、分かった。九十二歳。福井県出身。葬儀・告別式は親族のみで行った。後日しのぶ会を開く予定。

 一九四八年東大工学部卒。昭和電工の研究所に勤める傍ら、川崎市の貧しい地域で社会事業(セツルメント)に加わり、子どもたちに手作りの紙芝居を演じた。それが「どろぼうがっこう」などの優れた絵本となり、絵本作家への道を歩んだ。

 おおらかでユーモラスな作風で幅広い層に愛され、「だるまちゃんとてんぐちゃん」に始まる「だるまちゃん」シリーズは累計約三百九十万部、「からすのパンやさん」は二百四十万部以上を発行している。自然科学の専門知識を基に、楽しみながら科学に親しめる子ども向け科学絵本も先駆的に手掛け、「かわ」「宇宙」など数多く刊行した。

 七三年に退社。児童文化の研究を一層深め、消えゆく子どもの遊びや民話などを各地で調査、採集して「伝承遊び考」などの書籍にまとめた。二〇〇八年には菊池寛賞を受賞した。他の代表作に「だむのおじさんたち」「はははのはなし」など。

 関係者によると、亡くなる前日までファンレターの読み上げを聞くなどし、仕事に関することを口にしていたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報