東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小2女児殺害 線路に遺棄 下校中 友人と別れ不明

小2女児の遺体が見つかった現場周辺。右はJR越後線=8日、新潟市西区で

写真

 七日午後十時半ごろ、新潟市西区青山水道のJR越後線青山−小針間で、市立小針小二年大桃珠生(たまき)さん(7つ)=同市西区小針上山八=が新発田発内野行き上り普通列車(四両編成)にひかれ、線路で死亡しているのが見つかった。新潟県警は八日、司法解剖で死因を窒息と特定。列車にひかれる前に首を絞められた疑いがあるとみて殺人、死体遺棄事件として新潟西署に捜査本部を設置した。女児は七日午後の下校中に行方が分からなくなっていた。

 捜査本部などによると、列車の運転士は「人が線路に横たわっているのが見えてブレーキをかけた」と説明した。現場は単線で、約十分前に下り列車が通った際は、異変はなかったという。

 捜査本部は女児が別の場所で殺害された後、下り列車が通過して上り列車がさしかかるまでの約十分間に遺棄されたとみて、周辺の防犯カメラの記録を解析するなどして女児の足取りや不審人物を調べている。

 女児は七日午後三時ごろに下校し、自宅近くの踏切付近で友達と別れた。遺体が見つかった現場はこの踏切から約二百メートル離れており、自宅とは直線で百数十メートルだった。母親が午後五時ごろ、新潟西署に「娘が帰ってこない」と連絡。県警は自宅周辺を重点的に捜索したが、見つけられなかった。

 捜査関係者によると、女児の顔にはうっ血があった。遺体から離れた線路上には、ランドセルやスニーカーなどが落ちていた。服装は登校時と同じだった。

 女児が通っていた小針小学校の長谷川豊校長は八日、記者会見し「大切なお子さんだった。強い憤りを感じている」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報