東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

森友交渉記録、数百ページ存在 財務省、月内にも国会提出

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省と学園側との間で行われた面談や交渉に関する記録が存在していたことが十一日分かった。学園側とのやりとりを記した近畿財務局のメールなどが数百ページ分、残っていたという。政府関係者が明らかにした。財務省は月内にも国会へ提出する方向だ。

 学園との交渉記録を巡っては昨年、当時の佐川宣寿理財局長が「確認したところ、なかった」などと答弁していた。野党が批判を強めるのは必至だ。

 これに関連し、財務省の太田充理財局長は十一日の衆院財務金融委員会で「(記録の存在を)きちんと調べ、あるならば、できるだけ速やかに提出したい」と述べた。

 太田氏は、決裁文書の改ざん問題でも改ざん前の文書が残っていたことを挙げ「面談記録のようなものもあるはずではないかという指摘を(国会で)いただいた」と説明。経緯やどのような記録かを含めて報告する考えを強調した。

 自民党の山田賢司氏への答弁。

 これとは別に、財務省はこれまで抜粋部分のみを開示してきた改ざん前文書の全文を、十八日をめどに国会に提出する予定。大阪地検特捜部の捜査終結に合わせて改ざん問題の調査結果も別途公表する方針だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】