東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

南スーダン動画 開示 陸自PKO 防衛省「存在せず」一転

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の陸上自衛隊派遣部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題で、防衛省がこれまで存在しないとして情報開示請求に不開示としていた動画が新たに見つかったことが十一日、分かった。請求したジャーナリストの布施祐仁氏が明らかにした。防衛省は「探索が不十分だった」と説明しているという。

 見つかったのは二〇一六年七月、陸自の宿営地があった南スーダンの首都ジュバで、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた前後の陸自部隊が撮影した動画。

 布施氏が一六年十二月に請求したが、防衛省は昨年九月、宿営地内の通常の活動を撮影した写真数枚を開示しただけで動画はなかったとして不開示にしていた。布施氏が不服申し立てをし、さらに詳細に条件を絞り開示請求したところ、防衛省は今年二月に動画が見つかったとして開示決定した。

 開示されたのは戦闘が落ち着いた一六年七月十四日に部隊が宿営地内の状況を「一斉捜索」に向かうシーンとみられる三秒の動画のみ。事実上の静止画で、残りは黒塗り作業などをして今年十二月までに開示するとしている。

 防衛省は布施氏に、これまでないとしていた〇七年からの国連ネパール支援団に関する文書も開示すると連絡したという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報