東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

信用性揺らぐ柳瀬氏答弁 愛媛県 名刺公開し反論

愛媛県が公開した柳瀬唯夫氏の名刺

写真

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部開設を巡り、愛媛県は十一日、二〇一五年四月二日に面会した柳瀬唯夫首相秘書官(当時)から受け取った名刺を公表するなど、県職員も首相官邸を訪問していた数々の証拠を示した。十日の参考人招致での国会答弁を覆すもので、面会時の「首相案件」発言を否定する柳瀬氏の主張の信用性が揺らいでいる。 (中沢誠)

 柳瀬氏は県職員と面会したことを覚えていないはずがない−。県には柳瀬氏の名刺が残されていた。

 中村時広知事は会見で、「会った会わないの問題に終止符を打ちたい」と名刺公表に踏み切った理由を明かした。柳瀬氏の名刺には、一五年四月二日の面会日を示す「27.4.−2」のスタンプ印が押されていた。中村知事によると、面会した際、県職員が柳瀬氏と名刺交換したという。

 これに対し、柳瀬氏は十日の参考人質疑で、「県や市の方がいたかどうかは記憶に残っていないが、一連の報道や関係省庁の調査結果を見ると、いたかもしれない」とあいまいな答弁。保存している名刺の中に県や今治市の職員の名刺はなかったと語っていた。

 柳瀬氏の「県や市の職員と会った記憶がない」という根拠は、面会時のメインテーブルに加計学園関係者がいて、「真ん中にいた元東大教授(吉川泰弘・岡山理科大学獣医学部長)が獣医学教育の話を情熱的に滔々(とうとう)とされた」からだ。「県や市の方が発言した記憶はない」とも答えていた。

写真

 県の主張は真っ向から対立する。面会した県職員は「吉川氏はいなかった」「県職員三人はメインテーブルに座っていた」と話しているという。

 中村知事は「県の立場を説明するために行った。子どもの使いで行っているわけではない」と反発。面会の場で柳瀬氏が県職員とやりとりした証拠として、「柳瀬首相秘書官説明用」と記された文書も公表した。県職員は説明用文書を暗記し、獣医学部の必要性などについて口頭で伝えたという。

 面会の有無だけでなく、柳瀬氏が「首相案件」と発言したと記載した県作成の面会文書の内容を巡っても食い違う。「『首相』との言葉を使わないので違和感がある」と発言を否定した柳瀬氏に対し、中村知事は「総理を首相と書いた可能性は否定できないが、県の立場としてはありのままに書いている」と文書の正確性を改めて強調した。

 名刺公表を受け、柳瀬氏は十一日、所属する経済産業省内で報道陣の取材に応じ、「私の記憶にも限りがあり、違いがあったかもしれないが、(国会では)覚えている限り申し上げたつもりだ」と語った。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報