東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

千葉で家族4人切られ6歳死亡 元市議か、親族逮捕

女児2人を含む4人が切り付けられた飲食店=13日午後11時16分、千葉市稲毛区で

写真

 十三日午後七時ごろ、千葉市稲毛区小仲台二の居酒屋「三代目 浜包丁」で、市内に住む家族四人が男に包丁のような物で切りつけられるなどし、病院に運ばれた。小学一年の女児(6つ)が意識不明の重体だったが、その後に死亡が確認された。父親(44)は太もも、母親(42)は上半身を刺されて重傷。女児の妹(1つ)は軽傷。

 千葉県警は殺人未遂の現行犯で、男を逮捕した。千葉西署によると、男は母親の兄で、調べに意味不明のことを話しているといい、詳しい経緯を調べている。

 家族は男と五人で午後六時四十分ごろから飲食していたが、男が突然、怒り出して包丁で刺すなどしたという。騒ぎを聞きつけた店長と従業員が取り押さえた。

 現場はJR稲毛駅の近くの飲食店が立ち並ぶ地域。居酒屋はビル二階にある。

 事件当時、近くの店で働いていた男性(29)は「救急車やパトカーが来て騒然となった。店の客から『血を流した人が運ばれた』と聞いて驚いている」と話していた。

 ◇ 

 捜査関係者によると、県警は男が元千葉市議とみて裏付けを進めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】