東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

切りつけ、6歳女児死亡 千葉の居酒屋 容疑者は元市議か

写真

 千葉市稲毛区の居酒屋で十三日夜、一家四人が男に包丁で切りつけられた事件で、意識不明の重体だった女児(6つ)が同日、搬送先の病院で死亡が確認された。千葉県警千葉西署が殺人未遂容疑で逮捕した男が、四人と一緒に入店した後、十五分ほどで切りつけていたことが分かった。

 捜査関係者によると、男は四十代の元千葉市議とみられる。太ももを刺され重傷を負った父親によると、男は妻の兄で、「久しぶりに沖縄県から出てきたので食事をしていた」と話している。男が大声を出して怒りだし、持参した包丁で突然、切りつけたという。逮捕時に酒の臭いはなく、飲酒していなかったとみられる。県警は十四日、犯行現場となったビル二階の居酒屋の実況見分を実施。遺留品や犯行の状況などについて調べている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報