東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新潟女児殺害 近所の23歳男逮捕 遺棄・損壊容疑認める

新潟西署に入る小林遼容疑者=14日午後10時36分

写真

 新潟市西区の市立小針小二年大桃珠生(たまき)さん(7つ)が殺害され、自宅近くのJR越後線の線路に遺棄された事件で、新潟西署捜査本部は十四日夜、死体遺棄と死体損壊の疑いで近所の会社員小林遼(はるか)容疑者(23)=同市西区小針上山=を逮捕した。容疑を認めている。捜査関係者によると、同日午前からの任意の事情聴取に、殺害をほのめかす供述もしている。発生から一週間で捜査は大きく前進した。

 逮捕容疑は七日午後十時二十分ごろ〜同十時半ごろ新潟市西区青山水道のJR越後線の線路に大桃さんの遺体を遺棄し、列車にひかせるなどしたとされる。二人の自宅は百メートル余りのごく近い場所にあり、遺棄現場は小林容疑者の自宅から約七十メートル。県警は、小林容疑者と大桃さんの面識について「捜査中」としている。小林容疑者は電気工事士で事件当日は仕事を休んでいた。捜査員が十四日朝、市内の道の駅で身柄を確保、任意同行し、乗っていた黒っぽい軽乗用車を押収した。

 捜査本部によると、大桃さんは七日午後十時半ごろ自宅から約百七十メートル離れた線路で上り普通列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。死因は窒息で、首には絞められた痕があった。

 大桃さんは七日朝に「通学途中で黒い服を着たサングラスのおじさんに追い掛けられた」と話していたが、この人物は事件と無関係だったことが、捜査関係者への取材で判明。遺体発見現場付近で目撃された白い車も無関係だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】