東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東京五輪入場券価格案 最高額は開会式 28万8000円

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般向けの五輪入場券の最高価格を開会式は二十八万八千円、競技では陸上の十万八千円とする方向で検討していることが十四日、関係者への取材で分かった。パラリンピックは開会式の十四万四千百円、競技は陸上や水泳の六千五百円を最高額と設定。十五日に開かれる入場券の販売戦略に関する有識者会議で協議する。

 関係者によると五輪開会式の最高額は一二年ロンドン大会とほぼ同じだが、パラは価値を高めるため、ロンドン大会で約七万円、一六年リオデジャネイロ大会で約四万円だった最高額より高く設定。組織委は安価な入場券で集客を目指すだけでなく、高額な席も販売することで障害者スポーツの価値向上の一助としたい考えだ。競技の入場券は、五輪で二千円台、パラで千円から販売する見通し。

 組織委は幅広い価格設定で多くの人の観戦機会を確保する方針を示しており、一般の入場券の他に小学生を対象とした千〜二千二十円の入場券や、家族向けに一人当たり千六百〜六千百円で購入できる三〜四枚組のものや、車いす観戦者とその同伴者向けの企画チケットも検討。富裕層向けにはお土産や飲食サービスなどの付いた「ハイグレードチケット」を設ける予定。

 組織委は七月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で入場券価格の承認を目指しており、一般販売は来年夏ごろの開始を見込んでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報